• ホーム
  • 診察科目
  • 料金一覧
  • 診療までの流れ
  • 当院について
  • 美容整形Q&A
美容整形Q&A

美容整形・美容外科 ホーム > 美容整形Q&A一覧 > 豊胸手術

脂肪注入とシリコンバッグ

脂肪注入とシリコンバッグではどちらがいいの?

脂肪注入は自分の脂肪を脂肪吸引で取り、それを注射で胸に注入するので、自然な仕上がりになり、しかも太ももやおなかの脂肪が気になる人には、プロポーションを整える効果があります。しかし難点はそんなに胸を大きくできないことです。平均2カップぐらい大きくできます。うまくいけば2.5~3カップぐらい大きくなることもありますが、逆に取れる脂肪の量が少なかったりすると、0.5カップぐらいしか大きくならない場合もあります。従って3カップ以上大きくしたいという人には勧められません。でも全く変わらないということはなく、今より大きい胸にはなります。

バッグの方は、バッグの大きさが50cc~500ccぐらいまで10cc単位であり、自分でどれくらい大きくしたいかによって、大きさを決められるので、自分が思った通りの大きさにすることが可能です。最近のバッグは、触った感じも自然の胸に近づき、耐久性も向上していますので、破れたりすることもほどんどなく、何十年も大丈夫だと言われています。しかし健康診断などで撮るレントゲンには最近のバッグはほとんど写りませんが、より詳しく調べる乳ガン検診などで用いられる最新の画像診断装置には写りますので、あらかじめお医者様に言っておく必要があります。あと仕上がりも自然でバッグが入っているのがわからない人もいますが、なかにはよく触ってみるとバッグが入っているのがわかってしまう人もいます。これはその人のもともとの胸の大きさや脂肪のつきぐあいや、形などによる要素が大きいですが、バッグの種類や大きさ、バッグを入れる場所(乳腺下か大胸筋下か)によっても違ってきます。

安全面でいいますと、脂肪注入もバッグも同じです。術後のトラブルや合併症も新型のバッグを用い、技術のしっかりしたクリニックで行えば、脂肪注入もバッグもほとんどありません。従ってどちらのやり方を選ぶかは、当院の場合は以下のようにお勧めします。

●1~2カップUPぐらいでいい → 脂肪注入
●できるだけ大きくしたい → バッグ
●やせている → バッグ
●脂肪を取りたい場所がある → 脂肪注入
●異物を入れるのに抵抗感がある → 脂肪注入

ページの上へもどる
ページの上へもどる
無料メール相談室
無料カウンセリング予約